洗顔

肌トラブルを改善しよう|ニキビ洗顔のコツを知っておこう

繰り返すニキビを撃退する

レディ

肌質にあった洗顔を選ぶ

不規則な食事や睡眠不足など肌がバランスを崩すとニキビはできやすくなります。一度できると同じところに繰り返してできがちなので正しく洗顔して撃退と予防を同時に行いましょう。まず自分の肌の性質を理解しましょう。肌がべたべたする方は要注意です。脂質性の場合と、かくれ乾燥肌の場合があります。かくれ乾燥肌は肌が乾燥していると感じるため油分を分泌しすぎている状態です。あぶら取り紙などで油分を取り除いてしまうと乾燥を防ぐために余計に油分が分泌される悪循環が生まれます。乾燥肌の方は保湿が最優先です。自分で診断するのはなかなか難しいので化粧品の販売サイトに用意されている問診を利用するか、化粧品売り場で実施している肌質測定を移用することをお勧めします。余分な脂が肌にないかつ潤っている状態がベストの状態です。ニキビ対策用の化粧水や乳液ももちろん重要ですがニキビ洗顔にも注意を向けましょう。肌質に合わせて洗顔を選ぶのと同時にアクネ菌対策ができるものを選ぶとなお効果的です。ニキビの炎症の元になっているのがアクネ菌であるため、炎症を沈めそれ以上ひどくならないようにする効果があります。ニキビ洗顔は大体対応しているはずですが選ぶ際には必ず確認したいポイントです。またせっかくニキビ洗顔料を選んでも洗い方が雑ではせっかくの効果も半減です。ニキビの原因は肌に対する刺激でもあります。しっかり泡立てて洗い、すすぎはこすらないように注意します。顔を拭く際もタオルで顔を押さえるイメージで拭くと刺激を最小限に抑えられます。化粧水や乳液に気を取られているとおろそかになりがちな洗顔ですが重要な役目を担っています。しっかり対策の打てるニキビ洗顔料を選びましょう。